知っておきたい歯磨きのお話し

歯磨きをしない人はいないでしょうが、ワンちゃんの歯磨きをしない方は多い事と思います。

​した方がいいという事も、その理由もわかっているけれど、面倒くさい、やらせてくれない、とかの理由ですね。

何故必要か?

言うまでもなく歯石がつかないようにする為ですね。

歯石を放っておくと口臭だけでなく、歯周病の原因になるからです。

この歯石ですが、つき方には個体差が有るようで、何もしなくても殆んど付かないワンもいます。

元々持っている歯の質の違いなのかも?

いつも口を開けてハァ~ハァ~いってるワンとか、よだれが多いワンはその傾向にあるように思うのですが・・・・?

それはともかく、歯周病の怖さは人間も同じですが、まず歯が抜け落ちてしまいます。

ただ抜けるだけなら、犬の場合は食べる分には丸呑みでも支障が無いのでいいのですが、

問題は歯周病の菌がもたらす影響です。

歯肉(歯茎)を溶かし、膿が溜り、やがて頬の肉、皮膚に穴を開けて貫通します。

しかし、このように穴が開いて膿が外へ飛び出す場合はまだ良くて、

あごの骨を溶かしてしまったり、最悪は脳に回って命の危険さえ有ります。

歯石だけが原因では無いにしろ、このように怖い歯周病のリスクを減らすためにはやはり歯磨きは必要です。

かなり酷い状態になってからやる事といえば、動物病院での歯石取り・・・でしょう。

これ、全身麻酔です。

もう高齢でこれが最初で最後とかならいいでしょう。

でもこんな事しても又すぐ歯石は付いてしまうのに、まだまだ先が長い年齢ではいずれ又同じ事になってしまいます。

また全身麻酔かけますか?

本当に必要な病気の時の麻酔、かけられなくなりますよ。

​そもそも、病院で麻酔かけてまで処置しなければいけない所まで放っておいてはいけない、という事なのです。

幼犬から初めて慣れさせれば自然と習慣になるのですが、ある程度の年齢から始めると苦労する場合もあるでしょう。

そんな時はまず歯ブラシを口に入れることから慣れさせ、次は歯ブラシをかじらせ、そしてちょっと動かしてみる。

そんな風にして、無理せず少しづつ慣れさせていくと良いと思います。

これもワンとの大事なコミニュケーションの一つとして捉えたいものです。

食べ物のカス・・・いわゆる歯垢は3~4日で歯石化すると言われています。

と言うことは、毎日が面倒なら3,4日おきにする事でも歯石は防げる訳です。

ちょっと気が楽になりますね。

でも逆に言えば3,4日でもう歯石が付いていってしまう、とも言えます。

それなのに1ヶ月に一度、或いは2ヶ月に一度とか、トリミングの時にサロンで歯磨きしてもらうって・・・?

確かにその日は食べかすが取れてスッキリした感があるでしょうが、歯石は取れません。

なので当店は歯磨きのサービスは行いません。

歯磨きは愛犬の健康を守るための飼い主の責任の一つで有り、且つ愛犬との大事なコミニュケーションでもあること。

そして何より数か月に一度お金を頂いてまでやる意味が無い、という理由からです。

まだ歯磨きしてあげてないなぁ~と言う方は、是非難しく考えず遊びの一環位に、クシュクシュっとしてみてください。

きっとお口も気分もスッキリしますよ~~。

  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン